公共料金の請求書や各種DMなどでおなじみの剥がしてから内容が見れる葉書きのことを圧着ハガキと言います。圧着ハガキは専用のニスを使用してるため、情報量は通常のはがきの数倍にもなります。秘密も漏れにくいため個人情報や契約内容などを書いたものに使用される場合が多いです。受取人以外には中が見られにくく、宛名本人にだけ知らせたい情報を掲載するのにピッタリです。また圧着ハガキは、何が書いてあるんだろうという心理効果も働くため通常のハガキなどよりも中身を良く見てもらえる効果も期待できますし、郵便料金は普通の葉書きと同じというメリットもあり広告費、宣伝費のコストダウンが見込めます。ただし、ダイレクトメールを郵送する場合では、一般的には、少ない枚数だと印刷代が割高となり大量に送付する場合は割安となる場合が多いです。

圧着ハガキの特徴と大まかな種類

圧着ハガキは私たちの生活の中で数多く存在します。個人情報保護法といったプライバシー保護が声高にさけばれている昨今、このような方法で個々人に大切な情報を送るのは重要なかつ有益な方法と言えるでしょう。圧着ハガキとは簡単に言えば、二つ折りの紙の内側に用件を書いて、特殊な接着剤を使って、接着した葉書のことです。接着剤と言っても、接着したところをはがす時は特別な道具はいらず自分の手で簡単にはがすことができます。圧着ハガキには大まかに分けて3つのタイプに分かれます。紙に糊である接着剤が塗られたそれ専用の紙ここでは圧着紙ですが、そこに印刷したものを、圧着加工するタイプのものや、普通の紙に印字したものをフィルムなどでラミネートすることで、擬似的に加工するタイプのもの、そして特殊UVニス、又は糊を塗って圧着するタイプです。親展内容など情報を守る上ではどれも心配ありません。

圧着ハガキにはいろいろなタイプあります。

最近は、インターネットで注文して圧着ハガキを作成して発送までしてもらえるサービスがあります。そして、そのハガキのタイプによって料金が異なります。例えば、二つ折りの場合、千枚当たり六万円前後になっており一番ポピュラーな形式になります。そして、大量に作成したほうが安くなるので作るときには多く作ったほうがお得です。そして、自分でデザインを送って印刷してもらうこともできますが、テンプレートも豊富に用意されていて目的に合わせたものを選ぶことで簡単に作成ができます。そして、面倒なのが宛名書きです。そして、オプション料金になりますが、エクセルで名簿データを送ることで宛名書きまでやってくれます。千枚など多くの圧着ハガキを依頼するのは企業ですが、個人でも割高になりますが百枚から発注できるので、同窓会の案内や広告などを作るという使い方ができます。